上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
常に新しい型が出続けている車。
4年に一度はモデルチェンジがあると言われています。
つまり頻繁に新型車が発売されていることになります。
モデルチェンジした車はもちろん性能も優れ、たくさんの機能がついています。
しかし、日常の運転に支障が出るほどの差はありません。
モデルチェンジをすると古い型が中古車として市場に出回ります。
中古車選びはモデルチェンジが行われたが一番お得といわれています 例え、中古車であっても、型落ちの影響はほとんど気になりません。
路上で走っている車のほとんどが新型車ではなくモデルチェンジ前のものが多いため、安く人気の型を手に入れることができます。
モデルチェンジが行われれば、もちろん価格も変わってきます。
大きく値下げされるのです。
多きものでは10万近く値が下がります。
すぐに下がるわけではありませんが、モデルチェンジ後3ヵ月もすれば安くなります。
古い型は今後需要も減ってくるため、販売店としても売れるうちに売っておきたいというのが本音です。
それゆえ、新型車がでると安くなるのです。
100万円を切る車であればさほど安くなった気はしないかもしれないですが、200万を超える中古車であればモデルチェンジ後の価格はかなり魅力的なものになります。
中古車選びの一つの方法としてモデルチェンジを待つというのはいい手段だと思います。
自分の欲しい車が近々モデルチェンジをするのであれば、もう少し待ってみるのがよいでしょう。
いい品質で安く手に入る可能性が高いです。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。