上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
中古車扱いの中でも、キレイなのが新古車です。
中古車選びの時に新古車を探す人は多いのではないでしょうか? 新古車として販売されているものの多くは、ショールームに展示されていた車や搬送中に傷がついてしまった車などがあります。
しかし、ほとんど路上を走ってないため、走行距離が少ないのも特徴の一つです。
普通の中古車に比べて新車並みに綺麗でありながら、新車より価格が安いため人気があります。
しかし、中古車選びをしていて新古車に出会うことがない場合があります。
基本的に新古車はディーラー系の中古車販売店に置かれていることが多いです。
ディーラー系の販売店は他の販売店に比べ少し高いイメージがありますが、比較的綺麗な新古車なども取り揃えています。
注意しなければいけないのは新古車の基準が明確ではないことです。
販売店により基準が違うため、私たちが想像している以上にものが新古車として売られている場合があります。
新古車が欲しいという人が多いため、他の店では中古車として売られているような車が新古車として出回っているのです。
新古車の場合、走行距離が最大500キロぐらいといわれています。
それ以上の走行距離がある場合は、お店で一度確認を取ったほうがよさそうです。
新古車と聞くだけで安心してしまう人も多いようですが、新古車であっても事故車であるものもあるのでどうして新古車になったのかもチェックしましょう。
中には冠水してしまった車などもあるので要注意です。
もともと新古車自体、あまり流通量が多くありません。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。