上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
中古車選びで多いのが購入後のトラブルです。
新車ではないので、色々な部分に劣化が進んでいます。
外装などは目で見て分かりますが、やはり目でみただけで分からない部分や走ってみないと分からない部分がたくさんあります。
販売店側はきちんと伝えていたつもりが、お客に伝わってなかったり、販売店側がきちんと伝えてなかったり、トラブルの原因はさまざまです。
しかし、一度購入して使ってしまうと、相手側に過失がない限り返品はできないのでしっかりチェックしましょう。
購入後のトラブルは販売店に言ってもなかなか解決しないことがあります。
トラブルが起こった場合は自動車公正取引協議会や日本中古自動車販売協会連合会、日本中古自動車査定協会といった窓口に相談してみるのがよいでしょう。
購入後の大きな出費になるのが部品の買い替えです。
本体自体は安かったが、色々部品を買い換えていたらかなりお金がかかってしまったということがあります。
購入後のトラブルを避けるにはやはり、購入前に車のチェックが大切になってくることは言うまでもありません。
またオークションだと、落札された車が自分の思っていた車と違うというトラブルがあります。
落札の前にきちんとした話し合いが大切になります。
他にもトラブルの原因として、知人に紹介してもらったお店で事故車だったというこがあります。
知人からの紹介ということで、安心感があるせいかチェックが甘くなってしまいます。
トラブルを避けるには、色んな点で慎重な中古車選びをするしかありません。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。